FC2ブログ

八朔の雪 18

☆……本当に、更新遅くなりすみません。そして今回、ちょっと…いや、かなり赤×黄です。苦手な方はお帰り下さい☆












「わからないか?お前に触れる奴は…斬る。それだけだ」




そう言いながら、丈瑠はことはの頬を指で撫で下ろした。




「お前に触れていいのは俺だけだ。他の誰も許さない……」




そして丈瑠は、親指でことはの唇の縁をゆっくりとなぞると、そこに引き寄せられるかの様に、自身の顔を近づけていった。








「……この娘が大切か?」








ことはの口から紡ぎ出された言葉に、丈瑠は動きを止めた。




「…………さっきから、そう言っているだろう」




彼の瞳が、ことはの瞳の奥に宿る怪しげな光を捕らえると、そう、はっきりと告げた。




「いいだろう。ならば教えてやろう、この娘がわちきから解放される術を」




ふふ…と声を溢し見せた笑みは、もはやことはのものではなかった。








……薄皮…太夫。








丈瑠は口には出さなかったものの、心の中でその名を呼び、奥歯をぎりり…と噛み締めた。




「お前の大切だと思う気持ちがこの娘と同じだと言うなら…口を吸うてやればいい。想いが本物であれば、わちきの想い、否…念とでも言うべきか、それが浄化され、元にもどるだろう」








……何故、あの帰り道、ことはを気遣ってやれなかったのだろう。


気遣ってやれたなら、隣にいてやれたなら、薄皮太夫に…ことはの心を、体を自由になんかさせなかった。




…………絶対に……。





「ことは、心配するな。俺が助ける」


「但し……」




―――!?




「その言葉が偽りならば、お前のその命、わちきが貰い受ける。嘘を吐いてまで助けようとしない方が身のためだ」







……嘘…………。




その言葉が丈瑠の心を揺さぶる。




……偽りの当主。


決して伝えてはいけない真実。
突き通さなくてはいけない嘘……。




だが…………。








「これだけは真実だ。ことは…俺はお前を大切に思っている。茉子ではない、お前をだ。……お前だけだ、ことは」








一瞬、瞳をきつく瞑り、再び開けると、丈瑠は何かを決意したのか、はっきりとした視線をことはに向け、毅然とそう告げると、彼の唇は彼女の唇へと吸い寄せられていった。











☆本当に、長い間お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。本当に色々と忙しく、ようやく更新できた次第です。パソコンなんて1ヶ月以上開けていない状態です……。でもでも、次回も一生懸命書き上げたいと思います☆









☆文の母様…ご心配かけてしまってすみません。ようやく咳も落ち着きました☆











スポンサーサイト



プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR