FC2ブログ

八朔の雪 12

☆新学期がようやく始まり、ちょっとは落ち着きました☆















「お前は誰だ……か」




くくっ…と小さく笑うと、女は満足そうに目を細めた。




「シンケンレッドの戸惑いが、あの小娘を通じ、伝わってくる。面白いほどに」


「どういうことだ?」




女の目の前に座る男は、怪訝な顔を彼女に向けた。




「あの小娘の心とわちきの心が繋がっているのだ」




男の眉間に更に深い皺が刻まれた。




「そう、怖い顔をするな。なに、わちきの心の一部をあの小娘の体内に埋めたのだ」




女は、ちろり…と一瞬横目で男を見やると、その目を閉じ意識を他に集中させたのだった。




















「ことはを…どこにやった?」




丈瑠は自分を見下ろすことはに向かい、低い声を発した。




「冗談です。うちは…うちですよ」


「違う!!お前はことはではない!!」




強い口調でことはの言葉を否定した丈瑠は、彼女から離れようと身体を起こそうとした、その時だった。








「志葉…丈瑠」








先程、弧を描いていたことはの唇から、自身の名を呼ばれた丈瑠は金縛りに合ったかのように、身体の自由を奪われた。




「なっ…!?」


「まだ、行かんといて下さい。うちを……一人にせんといて。その瞳に、うちだけを映して下さい。」




そう言ったことはの瞳は、哀しい色を含んでいた。




そして、揺れる瞳を半分閉じ、ことはは一言、何かを呟くと、自身の顔を、丈瑠の顔へと近付けていったのだった。













☆前回の話から、違う話へと変わってしまった!?…なんて思われた方がいらしたら、すみません。上手く切り替えを描ける方が羨ましい。
さて、ことはちゃん、まずいことになってます。殿さまを、どうするつもりでしょう!?
次回もお楽しみにして頂けると嬉しいです☆









☆文の母様…コメントありがとうございます。
ことはちゃん、果たして、自分の中の太夫に勝てるのでしょうか!?







スポンサーサイト



プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR