FC2ブログ

八朔の雪 4

☆今回は…赤も黄も、他の侍の方々ですら出演されていません。流れ上、描かせていただきました。今回の連載では、薄皮太夫さんの過去にも手を入れさせて頂く予定です☆














……八月に舞う雪は、なんと艶やかな……




……皆、叶わぬ夢を見ているでありんすよ……




……お前もか?…薄雪……




……わちきは……わちきの夢は、新さんが叶えてくれるのでありんしょう?




……ああ、そうだったな。必ず……お前を…………。












「……八月の雪…か」




女は、冷たい月の光が降り注ぐ中、その月を仰ぎ見ながら、ぽつり…と、そう呟いた。




「三途の川にいると、今が何月かわからなくなるものなのか?」




女は、自分の呟きに対し、返事があるとは思っていなかったため、驚き、すぐさま、その声の方へと振り返った。




「ふっ……馬鹿を言うな。いくら三途の川にいたとて、暦くらいはわかるさ」




女は声の主を確認すると、小さく笑い、そう続けた。




「昔…吉原では、毎年、八月朔日に、雪が舞ったのだ。白いそれに袖を通し、叶わぬと知りつつも、恋し相手を想うてな」


「恋し相手……か。…で、それが何だと言うんだ?」




女の意図が読めぬ事に、女の背後に立つ男は、苛立ちを声に滲ませた。




「愛と憎しみは紙一重。愛しい想いが叶わぬとなったなら、あの小娘はどうするのだろうな」




月を仰ぎ見る女の口元が、不敵に弧を描いた。




「小娘?」


「シンケンイエローのことだ。お前、シンケンレッドにご執心のようだが、その命…お前ではなく、家臣に奪われるかもしれぬ」




女の声は、どこか楽しそうだった。




「今のあいつには、何の魅力もない。誰に殺されようと、俺にはもう関係ない。……だが、家臣に命を奪われるかもしれないとは興味深い。時間はたっぷりある。詳しく話せ」




不破十臓はそう言葉を口にすると、その場に胡座をかいた。



十臓にそう言われた女…薄皮太夫は、口元に浮かべた笑みをそのままに、十臓に向かい合う形で腰を下ろしたのだった。

















☆八朔の雪…まだ謎な部分があり
ますが、それは後々描いていく予定です。太夫さんが人間であった頃の話は、オリジナルに沿ってはいますが、妄想となります。さて、次回は島から帰った後…夜を描く予定であります。亀更新で、ご迷惑をおかけしてしまいますが、気長にお待ち下さいませ☆







☆ころちゃん様…すみません。次回はことはちゃんメインの話となる予定です。泣かせるのは…もう少しお待ち下さいませ☆






☆momoko様…お忙しい中、お越し頂きありがとうございます。なかなか本編に沿って書くのは大変です。でも…私が赤×黄を強く思わされた辺りで、ずっと描きたかったところでもあります。そこに、私の好きな太夫さんも絡めてみました。お楽しみ頂けると嬉しいです☆








スポンサーサイト



プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR