FC2ブログ

追憶の桜 2

☆今回の連載では、姫も登場予定(まだ先の方でですが)です。そして、かなり勝手な『影武者』の解釈を書かせて頂きます。それでも宜しければ、ご覧下さい☆














「ことはと言えば、殿が仕事でいらっしゃらない時に、書庫に籠っていたようでしたが、何かお探しで?」




彦馬は、眉間に皺を寄せたまま箸を持ち直した丈瑠に、そう問うた。




「ことはが?……いや、俺は何も頼んではいないが」




丈瑠はそれ以上は何も言わず、目の前の膳に箸を運び、再び規則的に口に入れていった。
その所作が『もう何も聞くな』との無言の命令であることを彦馬と源太は知っていた。
ことはの事なのに、何も知らなかった…というのが、丈瑠にとって面白くないのであろうと、二人は思っていた。


が、丈瑠の思いは少し違っていた。




……ことはは、何を探していたのだろう?
あの時からだ、ことはが何かを考え込むようになったのは。
縁側で抱きしめた時、ことはは……泣いているようだった。




『きっとマリッジブルーよ。私たち女の子は繊細なんだからね』




何かの用で電話してきた茉子に、さりげなくことはの様子を話した時に返ってきた言葉だった。
茉子より、流ノ介のほうが繊細だろう……と丈瑠は思いつつも、それを口にすることは…怖くて出来なかった。




……確かに、普通の結婚であっても、不安になるはず。
それが、志葉の当主に嫁ぐという不安はかなりなものだろう。




丈瑠は茉子の言葉に納得し、その事について、深くは考える事はなかった。
だが、今は何故かその時のことはが関係しているのではないか?…と丈瑠には思えてならなかった。
ことはが泣く…よくよく考えれば、余程の事である。
志葉に嫁ぐことへの不安くらいで、泣くことはでないことは、丈瑠が一番良く知っていた。




……違う。マリッジブルーなんてのは、有り得ない。
だったら、一体……。




丈瑠は出された膳を綺麗に片付けると、何も言わずに書庫へと足を向けたのだった。

















☆sin様、今回も題名通り…『桜』がキーワードとなります。上手く絡めて話を作れると良いのですが……。さて、そんな桜ですが、今年は関東での開花は遅く、なかなかお花見の予定が立てられませんねぇ。でも、この話をかき上げる頃には満開を通り越して、散ってしまっていることでしょう。……頑張って更新したいと思います☆




スポンサーサイト



プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR