FC2ブログ

闇を彷徨う心  20









十臓の動きを察すると、源太は丈瑠のもとへと駆け寄り、十臓との間に立ちふさがった。


「どけ、寿司屋」


「いや、どかねぇ!!」


「……ならば、斬る」


十臓が裏正を構える。
源太も腰を落とし、サカナマルの柄をギュ…と握りしめる。


その刹那、十臓が源太の懐に素早く入りこんだ。


「しまっ……!!」


た……と言う前に、十臓の裏正が源太の鳩尾へとめり込むと、そのまま前へと倒れてしまった。






「源太!!」


記憶をなくして、初めて丈瑠が呼んだ名が、源太の耳に届くことはなかった。


「これで、邪魔者はいなくなった」


十臓は裏正の剣先を丈瑠の顎先へと持っていくと、再び笑みを見せた。


「貴様……」


痛みに顔をしかめながらも、丈瑠は立ち上がると、無意識のうちに手にシンケンマルを握っていた。








『こりゃ……てぇへんだ!!急がねぇと!!』


物陰から全てを見ていたダイゴヨウは、気づかれないように、急ぎその場を後にした。


























スポンサーサイト



プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR