スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめにお読みください(必ず最初にくるようにしています)









はじめまして、管理人の南 ユキと申します。








このたび、検索エンジンなるものに登録してみたので、御存じの方もいらっしゃるとは思いますが、あらためまして、御挨拶申しあげます。









えっと・・・他の所でも小説を書いているんですけど、ここでは真剣の二次創作しようかなぁ…って作りました。











自己満足な小説ですので、少しでもお立ち寄り頂けたら、うれしく思います。











もう、ただ……描きたいんです。










シンケンファンの方、イメージを崩してしまっていたら、申し訳ありません。










それでもよろしければ、是非、お読み頂ければと思います。









完璧に妄想小説ですので、不快に思われる方は、お引き取り下さい。












スポンサーサイト

八朔の雪 20

☆本当にお久しぶりにございます。……なかなか更新できず、申し訳ございませんでした。少し前にスマホに替えたのはいいのですが、これがなかなかやっかいでありまして。小説の更新にはスマホは向いてませんね……。さて、今回くらいで終われるかと思っていたのですが、もう少し続きそうです。お付き合いいただけると嬉しいです☆

















丈瑠はことはの口から吐き出された何かを手に取った。




……石?




そう思った刹那、その石の様なものは、まるでシャボン玉が弾けるように砕け散った。




「――!!」




丈瑠は一瞬の出来事に声を出すことが出来なかった。












「殿…さま……?」




その声は丈瑠の胸元から聞こえてきた。
咳込むことはを丈瑠は自身の腕に抱え込んでいたのに気付き、あわてて彼女の体を自身から離した。




「大丈夫か?」




心配そうに覗き込みながら丈瑠はことはにそう聞いた。




「はい……あの、うち…えっと……」




ことはは、自分に何があったのか理解できていないのか、辺りをきょろきょろと見渡しながら口ごもってしまった。




「ことは……だな?」




丈瑠が何を言いたいのかわからないでいたが、ことはは彼のその言葉にコクン…と頷いた。
それを見た丈瑠は大きく息を吐き、天を仰いだ。




「殿さま!?」




普段見せない丈瑠の姿にことははびっくりして目をぱちくりとさせた。




「あの…何があったん……ですか?」


「覚えてないのか?」


「覚えて…………」




ない…と、ことははそう言おうとしたが、頭の中にある映像がフラッシュバックした。
それは、自分の手が主の首に手をかけているものであった。




「うち、そんな……そんなん…違う………」


「お前は操られていたんだ」




がたがたと震え出したことはに気付いた丈瑠は強い口調でそう告げた。




「お前の不安を煽り、お前の心を浸食し体をも乗っ取ったんだろう」




……さっきの石は、ことはを苦しめた根源…というところだろう。




「うち、茉子ちゃんのこと…そんなん思ってへん。茉子ちゃんのこと、大好きで…うち、ほんま大好きで……」


「……わかってる。お前が茉子を慕う気持ちに偽りなんかないことは……」




首をふるふると振りながら、大きな瞳から涙を零すことはに、丈瑠は優しく諭すようにそう告げると再び自身の胸へとことはを引き寄せた。




「あきません!!」




丈瑠の胸に収まる寸前、ことはは両手で彼の胸を押し、彼から自身の体を離した。




――――ズキン…………




ことはのその行為が丈瑠の心臓に痛みを与えた。
まるで自身の全てを否定するかの行為に、丈瑠は恐怖を抱いた。





「うち……また、殿さまに手をかけてしまうかもしれへん……。大切なお人やのに…、命に代えてでも守りたいお人やのに……うちは」


「主君だからか?…大切なのはお前が家臣だからなのか?」




丈瑠はことはの言葉を遮ると、ことはの瞳をじっと見つめ、喉の奥から絞り出すようにその言葉を吐きだしたのだった。



















☆最近、再びシンケンジャーを観ている南です。上の娘も高学年になり、恋愛話を一緒にするようになったのですが、シンケンを観ていて一言「やっぱり、殿と茉子ちゃんのカップルがいいよね~」と。思わず「殿にはことはちゃんでしょ!!」と大人気もなく反論してしまいました。まさか母が殿×ことを書いてるなんて思ってもいないことでしょう……。












☆文の母様…更新が遅くなってしまいました。下の子が幼稚園に入り、ようやく一段落です。






☆momoko様…お久しぶりです。私もなかなか伺えずすみませんでした。ラブシーン…ですかね、どうでしょう?文才のなさにほとほと嫌気がさしている南です。最近、下の娘が「ちんけんじゃ(シンケンジャー)みる」と言って、上の娘共々、一緒に見ています。あれから何年経っても色褪せないですね☆











八朔の雪 19

☆遅くなりましてすみません。子供達と相方がインフルエンザになり、良くなったころにだった私がもらってしまいました。そんなこんなで短い更新となってしまいましたが、読んで頂けたら嬉しいです☆












「んっ……」








ことはの唇から漏れた吐息が、まるでどこか遠くで聞こえたように丈瑠には感じられた。




ささやかに触れた唇が震える。




それを悟られまいと、丈瑠はさらに深くことはの唇に自身の唇を重ねた。








一瞬、ことはの手に力が籠った。




丈瑠はその手を力強く繋ぎ止める。




決して、逃げぬよう、逃がさぬよう、強く。








……離さない…………。








柔らかく熱を帯びたことはの唇に、丈瑠は溺れそうになった。




しかし、そんな丈瑠をことはのうめき声が現実へと引き戻した。








「うぅ……っあぁぁぁぁぁぁ……」








そして、その場をつんざくような叫び声をあげると、抑えつけていた丈瑠をあり得ない程の力で突き飛ばし、胸を抑えうずくまり、激しく咳込んだ。




「ことは!!」




丈瑠は苦しそうにうずくまりながら咳込むことはの背に手を置くと、彼女の肩がびくりと大きく跳ねた。




その刹那、彼女の口から欠片のような何かが吐き出されたのだった。













☆短かったですよね。しかも悲しくなる程文才がなく、落ち込んでしまいそうです☆








☆ころちゃん様…遅くなりましたが、本年も宜しくお願い致します。今年も妄想全開でいきたいと思います☆




☆文の母様…大変な年明けとなってしまいましたが、今年も私の妄想にお付き合い頂けると嬉しいです☆













明けましておめでとうございます





明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。








12月、更新出来ずすみませんでした。




実は子供が熱を出しまして…私もあまり眠れない状況です。




明日、明後日の年始参りはできそうにありません。




ちょこちょこと話は書いておりますので、もうしばらくお待ち頂きたいと思います。




申し訳ありません。













信長協奏曲 感想





月9…信長協奏曲。




皆様はご覧になってましたか?




絆……を思い出させる話でした。




殿と信長(小栗旬くん)、流さんと恒ちゃん(向井理くん)がダブって見えました。




影武者の丈瑠と、サブロー。




影武者と知ってもなお殿に忠誠を誓う流さんと、恒ちゃん。




もうね……頭の中で妄想しまくりでした。




そんな妄想してる暇があったら、更新するべきですよね……。




今年中には続きをお届け出来ると思います。




もう少しお待ち頂けると嬉しいです。










プロフィール

南 ユキ

Author:南 ユキ
シンケン妄想小説置き場です


朴路美さん見たさにシンケンを見て、殿にハマった……大人です。
そして、妄想が膨らみ、殿×ことはの小説なんぞを書かせて頂いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。